背が高い方にオススメ!自分でできる素敵に見える着物ヘア

最近のマイブームは着物を着ること、眺めること、集めること、縫うことです。

着物にはまってから着付けを習いました。

一人で着ることができるようになってくると、困りごとの一番は「ヘアスタイル」です。

ワンレンに近いロングレイヤーです。

普段はアイロンで巻いたゆるふわスタイルが多いのですが、着物を着るときはやはりアップスタイルがいいんですよね~。

着物が汚れないという意味もあります。

簡単にできるまとめ髪では、三つ編をアレンジするものが多くyoutubeでもアップされています。

私は毛量も多いため、三つ編にすると横綱の綱みたいのができてしまいます。

最初は三つ編アレンジのカジュアルなスタイルでも満足だったのですが、だんだん着物になれてくると、より洗練されたヘアスタイルを作りたくなってきます。

三つ編のほかにはねじり上げる「フレンチツイスト」夜会まきと言われるスタイルも多く紹介されているので、試してみました。

しかし、後ろ手でねじり上げるのはなかなか難しく、えりあしの毛がたるんできてしまうので野暮ったくなりがちでした。

ふんわりとまとめたカジュアルなスタイルは着物を選びます。

カジュアルなまとめ髪はある程度の年齢になると「おくれ毛」がやつれて見えてしまうことでした。

着物姿はただでさえも老けて見られがちなのに、やつれて見えてしまうなんてもってのほかです。

フレンチツイストはえりあしをタイトにして後頭部とトップにボリュームを持たせるのが綺麗なのですが、実はこのスタイルは背の高い人には向かないスタイルでした。

後姿の写真で判明しましたが、マッチ棒のように見えてしまうのです。

着物の場合はくびれがかくれますから、なおさらです。

そこで背の高い方の着物ヘアに似合うのがシニヨンスタイルです。

背の高いで、これ以上背が高く感じさせたくない方にオススメします。

えりあしにシニヨンを作るので、まとめ髪で上手くいかないえりあしの毛の悩みもありません。

ボリュームが頭の下に来るので、背の高さを感じさせず、落ち着いた大人の着物ヘアができます。

テクニックもあまり必要ありません。

なにより着物上級者のようなこなれ感が演出できるのが嬉しいです。

シニヨンの根元に挿すかんざしは、フラメンコ用のヘアアクセサリーをつけると誰もしていない個性的な着姿になるので気に入ってます。